独立行政法人 国立病院機構 東京医療センター臨床研究センター 感覚器センター

トップページへ

感覚器シンポジウム

はじめに    (東京医療センター 臨床研究センター 部長 岩田 岳)


国立病院機構東京医療センター臨床研究センター(感覚器センター)が企画する感覚器シンポジウムは平成最後の年に第14回目を迎えました。本シンポジウムでは医学研究の最終到着点となる基礎研究成果の事業化をテーマとした「基礎研究から事業への展開−アカデミックシーズの臨床応用」の主題で開催させていただきます。

近年の基礎医学研究はゲノム解析、ゲノム編集、iPS細胞などの分子細胞学的な手法に加えてIT、IoTなどの通信技術、人工知能(AI)によるディープラーニングなども加わり、ますます進歩が加速しています。臨床研究センター(感覚器センター)で取り組んでいる遺伝性の感覚器疾患の分野でも病因遺伝子の同定から変異体タンパク質の細胞や動物個体での観察や関連パスウエイから候補薬の検索などが可能となってきました。これらの新しい技術を利用しながら当然のように研究者が意識するのは論文発表の先にあるものです。自らの研究成果を医療の現場に応用するために商品やサービスを開発し、それを販売するためには事業化が必要になってきます。事業化に最も必要なものは何か?

本シンポジウムでは、感覚器(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)の研究領域を越えて、研究機関で行った基礎研究成果を基に事業化し、製品やサービスを提供している12社のベンチャー企業から医療、IT、機器(センシング)、機器(診断・検査)などの内容でご講演いただきます。演者は科学技術振興機構(JST)の各種制度で生み出された研究開発成果を事業化するためのベンチャー企業でJSTからの出資を受けており、本シンポジウムは東京医療センターがJSTの協力により開催しています。各社の詳細な情報は会場北側に各社の専用ブースを設けましたので、休息時間などにお立ち寄り下さい。

本シンポジウムの休息時間を使って東京医療センターの若手研究発表会も同時に開催します。会場南側のポスターには抗がん剤ネットワーク研究、看護ストレス、患者ケア、新規難聴遺伝子、喘息評価方法、東アジア遺伝子調査研究、緑内障マウス、新規網膜変性遺伝子など、多彩な研究内容が発表されますので、是非ご参加下さい。

最後ではありますが、本シンポジウムの準備、運営に関わった皆様のご協力に心より感謝致します。

平成31年2月

 

プログラム

13:00 開会の辞(東京医療センター部長 岩田 岳)


13:05 JST SUCCESSの事業紹介

13:15 株式会社サイフューズ/秋枝 静香、バイオ3Dプリンティング技術による新産業創出への挑戦

13:30 ときわバイオ株式会社/中西 真人、ステルス型RNAベクターで拓く次世代の遺伝子治療

13:45 株式会社KORTUC/松田 和之、放射線治療の効果を安全に高める画期的治療法

14:00 ひむかAMファーマ株式会社/新城 裕司、粘膜治癒に基づく難治性IBD治療薬の開発

14:15 メディカルデータカード株式会社/西村 邦裕、患者さんと医療機関を結ぶデジタルPHR

14:30 Karydo TherapeutiX株式会社 /佐藤 匠徳、BDSにより切り拓くインテリジェント医療〜ERATOプロジェクトから事業化まで〜

14:45 休憩・ブースでの交流

15:00 株式会社Xenoma/網盛 一郎、常時計測を可能にするスマートアパレルe-skin

15:15 株式会社フューチャーインク/田中 康裕、さりげなく人に寄り添うセンシング

15:30 スリープウェル株式会社/吉田 政樹、在宅用医療機器脳波計と睡眠評価システム

15:45 メディカルフォトニクス株式会社/飯永 一也、非侵襲脂質検査「素人発想、玄人実現」への挑戦

16:00 株式会社Lily MedTech/東 志保、痛みや被曝のない快適な次世代型乳がん用画像診断装置

16:15 東京医療センター臨床研究センター(感覚器センター) 角田 晃一、口腔咽頭観察機器の開発〜健康長寿に向けて〜

16:30 若手研究者ポスター発表会・ブースでの交流

17:00 演者全員によるディスカッション(壇上)

17:30 閉会の辞(東京医療センター院長 大島 久二)

17:35 懇親会

19:00 各社片付け

19:30 終了

 

ポスター

 

若手研究者発表会 ポスター演題 (東京医療センター 臨床研究センター 主任研究員 須賀 晶子)


1. 当院における抗がん薬調製環境の調査結果とその考察−国立病院機構ネットワーク共同研究に参加して−

新島大輔1,矢田部恵1,小川千晶1 ,軍司剛宏1,松井 哲2,青儀健二郎3,谷地 豊1、1国立病院機構東京医療センター薬剤部,2国立病院機構東京医療センター乳腺外科,3国立病院機構四国がんセンター乳腺外科

2. 青年期の造血器腫瘍患者を支える看護師のストレス
小椋優、工藤美幸、吉田貴恵子、秋村佳織、若林真紀子、国立病院機構東京医療センター7階A病棟

3. 先天性難聴の子どもと母親に対する看護師の意識とケアの変化
中村智子 小村三千代、東京医療センター、鳥取看護大学

4. エクソーム解析で同定された新規難聴原因候補SLC12A2変異について
務台英樹1、和佐野浩一郎1,2、奈良清光1、松永達雄1,2,3、1国立病院機構東京医療センター、2臨床研究センター(感覚器センター)聴覚平衡覚研究部、3耳鼻咽喉科3臨床遺伝センター

5. 鼻咽腔閉鎖機能の新たな評価方法と臨床応用
小林理香、角田晃一、臨床研究センター(感覚器センター)人工臓器・機器開発研究部

6. Functional Characteristics of East Asian Patients with Occult Macular Dystrophy (Miyake’s disease); EAOMD Report No.2
Lizhu Yang1,2,3*, Kwangsic Joo4*, Kazushige Tsunoda1, Mineo Kondo5, Yu (Yokokawa) Fujinami1,2,6, Gavin Arno1,7, Anthony G. Robson7,8,Toshihide Kurihara2, Kazuo Tsubota2, Shuhei Kameya9, Takeshi Iwata10, Xuan Zou3, Hui Li3, Kyu Hyung Park4, Yozo Miyake1,11, Se Joon Woo,4† Ruifang Sui3†, Kaoru Fujinami1,2,7,8*†
*Joint First Authors, †Joint Corresponding Authors 1Laboratory of Visual Physiology, Division of Vision Research, National Institute of Sensory Organs, National Hospital Organization, Tokyo Medical Center, Tokyo, Japan. 2Department of Ophthalmology, Keio University School of Medicine, Tokyo, Japan. 3Department of Ophthalmology, Peking Union Medical College Hospital, Peking Union Medical College and Chinese Academy of Medical Sciences, Beijing, China. 4Department of Ophthalmology, Seoul National University Bundang Hospital, Seoul National University College of Medicine, South Korea. 5Department of Ophthalmology, Mie University Graduate School of Medicine, Tsu, Japan. 6Department of Public Health Research, Yokokawa clinic, Osaka, Japan. 7UCL Institute of Ophthalmology, London, UK. 8Electrophysiology, Moorfields Eye Hospital, London, UK 9Department of Ophthalmology , Nippon Medical School Chiba Hokusoh Hospital , Inzai , Japan. 10Division of Molecular and Cellular Biology, National Institute of Sensory Organs, National Hospital Organization Tokyo Medical Center, Tokyo, Japan. 11Aichi Medical University, Nagakute, Aichi, Japan.

7. Distribution of generalized functional phenotype of East Asian Patients with Stargardt Disease (STGD1): EAStar studies report 2.
Xiao Liu1,2,3*, Lizhu Yang1,2,4*, Kwangsic Joo5*, Kazushige Tsunoda1, Takaaki Hayashi6, Kei Shinoda7, Atsushi Mizota8, Mineo Kondo9, Kazuki Kuniyoshi10, Yu (Yokokawa) Fujinami1,2,11, Gavin Arno1,12, Toshihide Kurihara2, Kazuo Tsubota2, Yozo Miyake1,13, Ya Li14, Kyu Hyung Park5, Dae Joong Ma15, Hyeong Gon Yu15, Bo Lei14, Takeshi Iwata16, Se Joon Woo,5† Shiying Li3†, Kaoru Fujinami1,2,12*† *Joint First Authors, †Joint Corresponding Authors 1Division of Vision Research, National Institute of Sensory Organs, National Hospital Organization, Tokyo Medical Center, Tokyo, Japan. 2Department of Ophthalmology, Keio University School of Medicine, Tokyo, Japan. 3Third Military Medical University, Southwest Hospital, Chongqing, China. 4Department of Ophthalmology, Peking Union Medical College Hospital, Peking Union Medical College and Chinese Academy of Medical Sciences, Beijing, China. 5Department of Ophthalmology, Seoul National University Bundang Hospital, Seoul National University College of Medicine, Gyeonggi-do, South Korea. 6Department of Ophthalmology, The Jikei University School of Medicine,Tokyo, Japan 7Department of Ophthalmology, Saitama Medical University, Saitama, Japan 8Department of Ophthalmology, Teikyo University School of Medicine, Tokyo, Japan 9Department of Ophthalmology, Mie University Graduate School of Medicine, Mie, Japan 10Department of Ophthalmology, Kinki University Faculty of Medicine, Osaka, Japan 11Department of Public Health Research, Yokokawa clinic, Osaka, Japan. 12UCL Institute of Ophthalmology, London, UK. 13Aichi Medical University, Aichi, Japan. 14Henan Eye Institute, Henan Eye Hospital, Henan People's Hospital, Henan, China. 15Seoul National University Hospital, and Seoul National University College of Medicine, Seoul, South Korea. 16Division of Molecular and Cellular Biology, National Institute of Sensory Organs, National Hospital Organization Tokyo Medical Center, Tokyo, Japan.

8. Functional Assessment of an E50K Optineurin Normal Tension Glaucoma Mouse Model by ERG.
Brian Rossmiller, Takeshi Iwata, Division of Molecular and Cellular Biology, National Institute of Sensory Organs

9. 優性遺伝性黄斑ジストロフィーの原因遺伝子同定と機能解析
須賀 晶子、山本 めぐみ、岩田 岳、臨床研究センター(感覚器センター)分子細胞生物学研究部

 

連絡先

〒152-8902 東京都目黒区東が丘2−5−1
独立行政法人 国立病院機構 東京医療センター
臨床研究センター (感覚器センター)
事務室(増田、吉川)
電話(代表):03-3411-0111
Eメール:nisojimu@ntmc-hosp.jp

 

アクセス