独立行政法人 国立病院機構 東京医療センター臨床研究センター 感覚器センター

トップページへ

概要・ご挨拶

感覚器センターの概要

  名称
      独立行政法人国立病院機構 東京医療センター 臨床研究センター(感覚器センター)

  所在
      〒152-8902   東京都目黒区東が丘2-5-1
          電話  03-3411-0379
          FAX   03-3411-0185
臨床研究センター(感覚器センター)は、臨床部門と密接に連携をとりながら、眼科、耳鼻咽喉科を中心とした感覚器疾患の病因解明と、治療法の開発を行うため、内外の研究者に研究の場を与え、得られた成果を広く世界に発信します。
さらに、東京医療センターが担う政策医療分野(がん,循環器疾患,腎疾患,内分泌・代謝疾患,免疫異常疾患,血液造血器疾患,成育医療,精神疾患等)を含めた幅広い臨床研究を推進します。
政策医療ネットワーク等を活かした臨床研究を進め、病気の原因究明はもとより、それらによる障害を持たれた方の苦しみを調査し、現実に即した解決方法を見出すことも目的にして、患者さんに身近な臨床研究センターをめざします。


ご挨拶

臨床研究センター長(感覚器センター長)事務取扱
東京医療センター院長   大島 久二
  国立病院機構の病院では、医療の質の向上をめざして、国立病院機構特有の病院間ネットワークを生かした、臨床現場に根ざした多施設共同研究や大規模臨床研究などを行うために、それぞれ研究部門を擁しております。 東京医療センターには、昭和54年に目と耳の領域の研究が割り当てられ、『臨床研究部』が設置されました。平成15年10月には臨床研究センターに格上げされ、『臨床研究センター(感覚器センター) 』となり、現在に至っています。
 臨床研究センター(感覚器センター)には5部15室が設けられ、分子細胞生物学研究部、視覚研究部、聴覚・平衡覚研究部、人工臓器・機器開発研究部の4部が、感覚器センターとしての研究機能を担ってまいりました。 また、政策医療企画研究部が設置され、臨床研究・治験推進の役割を担っております。
 製薬企業主導のいわゆる治験は、PMDAによる規定に従って行うことが求められており、規定に沿って治験が進められたかのチェック機能も働いております。一方で、橋渡し研究の必要性が叫ばれ、臨床研究の重要性が認識されているところですが、 社会問題として、臨床研究の倫理性、企業との利益相反が話題となり、臨床研究の社会的信頼性が揺らいでおります。臨床研究センターでは、社会から批判・非難を受けることの無い、しっかりとした倫理性を保てるような仕組みを構築した上で、臨床研究の推進を図りたいと考えます。 一方、今後遺伝子に関する臨床研究が一層盛んになりつつあり、遺伝子情報に関する医療個人情報管理と取扱者の認定作業の充実も図りたいと考えております。
 また、平成24年5月には手術支援ロボット技術応用研究室が設けられ、全国からロボット手術の研修を受講できるようになり、先進医療の普及にも積極的に関与しております。さらに、高齢者ケアメソッドである『ユマニチュード』の普及を目指して、 ユマニチュードトレーニングセンターを立上げ、認知症患者さんのケア向上に寄与できるようおります。
  臨床研究センター(感覚器センター)では、これまでの10年以上の研究の積上げが行われ、大きな成果を挙げてきました。今後さらに、質の良い臨床研究、治験の推進を行えるよう、環境の整備に力を入れて行きたいと思います。

平成29年4月



Copyright(C) National Institute of Sensory Organs. All Rights Reserved